院長・副院長紹介

院長 吉崎元彦

挨拶文

院長 吉崎元彦こんにちは。吉崎歯科院長の吉崎元彦です。
「患者様ファースト」を掲げる吉崎歯科では、検査結果や症状だけでなく、“患者様の感じていること”も大切にして診療をいたします。
食事のときにこんなことが気になる、もしかしたらこの症状も何か関係あるのかも――そういった、一般的な医療機関では遠慮して胸に秘めてしまいがちなことも、当院ではお気軽にお話しいただければと思います。
近年は、次々と新しい治療法が開発されています。絶対にこの治療法しかない、というケースはほとんどありません。吉崎歯科では、可能な限り複数の選択肢をご提示し、患者様と相談しながら、最終的な治療法を決定していきます。ここにも、「患者様ファースト」の想いが込められています。
お口の健康は、身体の健康と密接に関わっています。どんな些細な相談でも、受診が無駄になることはありません。歯科検診でお口に問題が見つからなかった場合にも、より良くするためにはどうすればいいか、という情報を持ち帰っていただけます。
副院長、そしてスタッフと協力して、地域の皆様の健康の維持・向上をお手伝いできればと考えております。どうぞ、お気軽に、そして安心してご相談ください。

経歴

昭和52年 大阪歯科大学卒業
昭和52年 岡山大学医学部付属病院口腔外科勤務
昭和55年 吉崎歯科診療所勤務
平成18年 医療法人吉崎歯科理事長就任

副院長 吉崎史展

挨拶文

副院長 吉崎史展吉崎歯科は、幅広い診療を行いながらも、各領域おいて充実した検査・治療を受けられる歯科医院です。
私が特に力を入れるのが、歯内療法(根管治療)です。トロント大学でのインターナショナルプログラムを修了し、これまで数多くの高度な歯内療法を行って参りました。マイクロスコープやラバーダム、CTといった道具・設備によって、この経験を十分に活かせる環境も整っています。重度の虫歯でお困りの方は、ぜひ一度ご相談いただければと思います。
ただ、患者様のお口の健康を本当の意味でお守りするためには、予防歯科も欠かせないものだと考えます。歯科医院を「治療するところ」ではなく「予防するところ」と捉えていただければ、自然と口腔トラブルは減っていきます。予防歯科では、基本的に歯を削ったり痛みの伴う処置を行うことはありませんので、リラックスしてお越しください。初めて歯科医院を体験する小さなお子様にも、歯科検診や予防歯科がおすすめです。歯医者さんって痛くないんだ、こわくないんだ、と感じていただければ、それがデンタルIQの高い大人に成長できるきっかけとなります。
予防歯科やメンテナンスを行う衛生士、受付のスタッフも優秀で誠実な人材が揃っています。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。

経歴

大阪歯科大学 卒業
岡山大学病院総合歯科研修医レジデント
日本臨床歯科医学会(SJCD)会員
日本顎咬合学会噛み合わせ認定医
日本歯内療法学会会員
日本歯科保存学会
一番上に戻る
ご予約・お問い合わせ