院内・設備紹介

3DCT

3DCT一般的なレントゲンでは撮影できない、顎の骨の厚みや状態、神経の位置、歯の根の形状などを3次元の立体画像が得られる検査装置です。

正確な診断で、より適切な治療へとつなげます。低被ばくで短時間の撮影が可能です。
主に、インプラント治療、根管治療、歯周病治療などで使用します。

 

頭部X線規格写真(セファロ)

頭部X線規格写真(セファロ)矯正歯科治療の精密検査で用いられる特別な撮影方法です。

歯列、歯を支える顎の骨、頭蓋骨の位置、大きさ、バランスを正確に把握することができます。

どのように歯を動かしていくべきかという治療方針の決定のとき、またお子様の顎がどのように成長するかを予測するときに活用することで、治療の質を向上させます。

マイクロスコープ

マイクロスコープ肉眼では確認できない患部の術野を5~20倍にまで拡大できる医療用顕微鏡です。
特に精密性の要求される根管治療、インプラント治療などで使用します。

 

歯科用根管拡大装置X-スマートプラス+トライオートZX2

主に根管治療で使用する装置です。根管治療で用いられる「ファイル」という特殊な器具の操作性と確実性を大幅に向上させます。

根管治療においてポイントとなる、歯の根の洗浄、充填の安全性を守ります。

歯科用根管拡大装置X-スマートプラス
トライオートZX2

ラバーダム

ラバーダム治療中の歯への唾液の接触、湿潤は、虫歯治療や根管治療の妨げとなります。

治療をしている歯だけを露出させ、唾液の接触を防いだり、防湿ができる道具がラバーダムです。

治療の確実性を高め、再感染・虫歯の再発を予防します。

咬合器

咬合器咬み合わせの良し悪しを確認したり、顎関節症の診断をする際に使用します。

吉崎歯科では、安全性が高く、操作性に優れた「カボ社製プロター咬合器」を採用しています。

高圧蒸気滅菌器クラスBオートクレーブLisa

高圧蒸気滅菌器クラスBオートクレーブLisaヨーロッパ基準であるEN13060に準じた高圧蒸気滅菌器です。真空状態と蒸気注入を繰り返すことで、機器や道具の内側までを高度に滅菌します。

吉崎歯科で導入している「クラスBオートクレーブLisa」は、医科で使用される大型滅菌装置の規格(EN285)をも満たしています。

EN13060 “あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できる”滅菌基準

高周波治療器

高周波の電流により、ピンポイントで効果を発揮する治療器です。

人体に無害であり、患部の消毒・殺菌とともに自然治癒力の回復・向上を促します。
主に、以下のような効果が期待できます。

  • 痛みを和らげる「除痛効果」
  • 代謝を促進する「代謝改善」
  • 細胞、組織に活力を与える「組織賦活効果」
  • 消毒、殺菌を働きかける「消炎効果」
  • 骨の造成を促す「骨造成効果」
一番上に戻る
ご予約・お問い合わせ